spinyhearts

迷えるわたしのライフログ

中途組と創業組

仕事を進めていくにつれ、創業時から間もない社員と中途でこの数年で入ってきた社員とで、それぞれが仕事のやりにくさを感じはじめているようです。

元々の仕事の仕方があるから、まずは同じ仕事の仕方をしてはみたものの、やっぱりその仕事の仕方には無理がありました。例えば、全部の仕事は個人の判断で動いている体制なのに、いざ個人で判断するとすごい勢いで怒られたり。中途組と創業組とじゃ判断基準が違うのも無理はないし、じゃあ決め事をちゃんと作るべきでは?と何度か言ってみたけど、リーダーは空返事だけ。決めごと作りに時間が設定できるほどみんな余裕のないスケジュール感です。

うちの会社は日報制で個人が結構ストレートに思いを綴る場でもあります。自分に関係のある部署の日報は毎日読んでいますが、中途組との仕事はやりにくいと書いている人もいます。今までの仕事に邪魔(変な判断くだされたり、仕事の仕方に物申されたり。)が入るわけだから、当たり前でしょう。このまま慣れ合いっこで仕事に取り組むのか、これから中途の社員が入っても成り立つような仕事の仕方にしていくのか、現場次第なかんじです。

会社を大きくしていきたい経営層と、中途組を受け入れきれない創業組の社員。これからどう歪みが大きくなっていくのか、歪みを抑える役目をするのは誰なのか、自分もがんがん参戦していきます。

広告を非表示にする