spinyhearts

迷えるわたしのライフログ

ベンチャー企業に転職して

無職期間を経て、自社サービスの会社に入社し1週間。わたしは、フロント周りをやってるクリエイティブの部署と社内システムや自社サービスのバック側をやっているシステムの部門をほぼ掛け持ちという形で業務にあたっています。半々くらいでそれぞれの部署のデスクで仕事をするかんじです。今後は、制作と開発の中を取り持つようなポジションをやっていきます。

前職のときとは全く180度考え方が違っていて本当にカルチャーショックです。この一言に限る一週間でした。感じたことを書き留めておきます。

 

発展途上だからやりがいがある

前職は数千人規模の会社で、全てが整っていて全てが型の中にあてはまる、そういう雰囲気の会社です。今の会社は10年経ってないくらいの会社で、なにをするにしろフローがあいまいだし、マニュアルもろくにあるような状態ではありませんでした。でも、だからこそ自分の手で導入できる楽しさが転がっていました。極端な言い方をすると、自分の思うがままにその仕事をできるということ。手を上げたひとがやる、こういう言葉をよくベンチャー企業で聞きましたが実感が湧きませんでした。でもやっと意味がわかったような気がします。こういうものがないから作ってみます、そう上長にいっておけばよろしくーって言われてあとは自分の裁量で仕事をこなして共有する、もちろんなにをするかによりますが気軽にできる仕事が転がっているから拾っては仕事にしてを随時やっています。

 

言いたいことを言えるだけでストレス半減

ミーティングでサービスの話をしているときや、ちょっとリーダーと雑談してるときに、もっとこうしたほうがいい、これはこのままじゃだめだと思う、と気軽に言える雰囲気があります。中途という立場だからこそ周りのしがらみがないから言いたいことを言えるのかもしれませんが、言いたいこと言っちゃうキャラに自分を仕立てあげておけばこっちのものです。前職は上とお客様の言うことが絶対だったから、言いたいこと言ったらわがまま扱いされてしまうようなことがありました。本当はこうしたいのに、と思って我慢することが結構なストレスになっていたので、そういうのがない環境なだけでも疲れ具合は少なくなるんだなと実感しています。

 

これまでの"お客様"だった立場になるということ

今までは自社サービスをやってる会社がお客様でしたが、今はそこが自分の企業。早速あるシステム会社さんとのミーティングに参加しましたが、うちの会社の人が思うに、このシステム会社はとにかく融通がきかないよね、っていう開発の仕方をしていてなんだか乗り気じゃないよう。ちょっと文言を入れてほしいだけなのにできないと言われ、イレギュラーな現象に対しての答えがあいまいたっだり…。前職を客観的に見ているような感じになってしまいました。自社サービスを作っているということは、やっぱりめちゃくちゃかわいくて仕方がないわけで、そりゃシステム会社と比べたら熱の入れ方が全然違います。だから、自社サービスをやっている会社と受託でシステムを作る会社で温度差があるのはある程度仕方がないなと思います。面接中でも、システム会社が思ったようなものを作ってくれなかったり開発スピードが遅すぎたりとコストの無駄になるから内製化を進めているんだという企業が結構ありました。両社の溝は結構深いものかもしれません。

 

もっと言いたいことはあるけど今日はここまで。

広告を非表示にする