spinyhearts

迷えるわたしのライフログ

会社辞めるって伝えてから一週間経った

 

3/25 両親に辞めたいこと伝える

前の記事にも書いたけど、母からいいんじゃない?という旨の返答をもらう

 

3/26 事業部長に辞意伝える

 電話で約束だけ取り付けてしまおうと思っていたけど、いざ電話しようとするとなんだか気が引けてしまって(私は電話がひどく苦手。電話対応は何度も怒られた。)、ええい仰々しいもう本社に行ってしまおうと自らハードルを上げて事業部長を捕まえ話をした。なんで俺に話すんだよこういうの部長に言うんだろと言われたけど、誰に話そうが話がこじれるし、めんどくさい。ちょうどいたから、話してる。そんなこと言えるわけなく、「えっ、すみません。こういう話って事業部長だと思い込んでいました。」と抜かしたところを見せておく。お客さんの評価がせっかくいいのにとか、辞める時期はこっちで調整するからとか、人の人生なんだと思ってるんだこいつともやっとしながらも最後だし好きにしろと思いながら会議室を出た。
 
3/27 事業部長→部長→PM各位に伝えられる
これは3/28のPM面談のときにPMが言ってたけど、うちの部のPM陣にはもう話が伝えられる。こういう話の連携だけは早い。仕事もそうしてくれよと思わざるを得ない。そこで話を聞いたプロジェクトのPMがから面談するから明日本社に来いとメールが来る。ん?そんな面談あるなんて、この前辞めちゃった人に聞いたけどないって。もーなんなんだ。めんどくさい。ってメールを返すわけもなく。了解する。
 
3/28 PM面談をする。元指導員に辞めること伝える。
なぜかふかふかのソファーがある応接室で面談。このPM、新人最初のプロジェクトを皮切りにこの2年間ほとんど私をアサインしてきた。帰宅後に電話してきたりセクハラしてきたりホントにめんどくさい人。私が辞めるって聞いて衝撃だったらしい。でも前からフロント周りにしか興味がないことを伝えていたから、せっかくの人生頑張ってくれとエールを送ってくれた。ついでに、ボーナスもらってからやめればとか、有給全部使ってからにすればとか、結構いいこと提案してくれた。かといってPMには人事権ないけど。最後くらいは優しい人の扱い方をしてくれるのか。
そのあと、大変お世話になった2つ上の元指導員(新人のときにあれこれ教えてくれる担当みたいな人のこと。メンターっていう企業もある。)に辞めること伝える。そしたら、「まじ?俺も辞めるんだよ」って言われて、衝撃が走る。こんな偶然あるのか。ついでに結婚するらしい。おめでたいっ。
 
3/29 指導員任命される
今年度最後の出勤日ということで、本社に戻って部会に参加しそのあと飲み会。この時期の飲み会はつらかった。来年のことについて勝手に話を決められてこーしろあーしろ言われた。そのときに次の新人につき指導員は私になるからうんぬん言われる。計画通りにいかないから今のうちにスケジュール見なおしたほうがいい。そう言えるはずもなく笑ってごまかす。
 
今週一週間、異動や辞職で若手がごそっといなくなる。今の自分がいえることじゃないけど、この会社どうなっちゃうんだろう。来週以降でまた上の人と面談があるらしい。辞めるってめんどくさい。