spinyhearts

迷えるわたしのライフログ

一番下っ端が思うリーダーがしてほしいこと

リーダーが寿退社します。しかも、そうなると、わたしとデザイナーさんの立場のいっこ上の立場はもう取締役っていう(笑)特にリーダー雇いそうな気配もないし、はっきりいって次リーダーやれそうなデザイナーさんはいないかなと思ってます。

じゃあわたしはどうかっていうと、わたしもわたしでまだそんな立場に立てるほどの人間じゃないです。とりあえず、デザインが出来ない人間がデザイナーさんたちを束ねるのはとりあえず無理なんじゃないかなっていうところがあります。しかもわたし一番下っ端です。

だから、わたしは当分まだ下っ端の役目しかまわって来ないように思います。でも、リーダーしてみたい気がまったくないわけじゃないです。とにかくスケジュール管理が苦手なうちの会社…どーにかしようと新しいツールを導入してみたり、いろいろやりはじめました。将来きたる?リーダーの役目を全うするためにも下っ端の思うことは残しておこうと思います。きっと、リーダーになると眺め変わっちゃうしね。

  • 「大丈夫だと思う」って言わないでほしい

確認作業とかお願いしたときに、「~だと思う」って言われるとすごい不安になるし責任逃れしてるよーにしか映らないです。(たとえそうリーダーが思っていなくても。)リリースしたあと、確認作業をお願いしてOK出してるにも関わらず、これ変だよ~とか普通に言われると???ってかんじです。確認したろ!ってちゃぶ 台がひっくり返るレベルです。

  • 時間意識をもってほしい

会議とかいろんな場面で時間の 感覚皆無で始められると本当にこまります。こっちも作業の時間にどれだけ割けるのかわからなくなります。リーダーが毎回当日にMTGをセットするとか萎えーです。何時から、どれくらい時間を割くのか、宣言してそれを守ってほしいものです。あとリーダーだからって話しすぎて時間がなくなってもしれっとされると気持ち悪いしこれも萎えーです。

人のいる前で権威を見せつけるためだけに部下を叱る人とか、これがどれだけ部下を傷つけるのかよくわかっていてほしいです。一回やられるだけで、リーダーのことが単に「嫌い」になれるし、もう一生その人に意見できなくなります。

  • 意見してほしい

自分が作ったものを持って行って、全く反論がないのはこわいです。下っ端の作ったものがリーダーにもすっかりそのまま受け入れられるのは、下っ端がリーダー並に経験値があるというよりは、リーダーが下っ端並の経験値しか持ってないって思ってしまいます。論破してやろうと思って実際こっちの意見聞かないのもよくないと思うけ ど、でもそれくらい下っ端の作ったものには疑問を持って見ておいてほしいです。

  • 他部署のリーダーに言うときゃ言ってほしい

そりゃ会社だから、無茶ぶりなこともあるし、むしろそんなことばっかりです。でも、そんな無茶ぶりを簡単に承諾しちゃうのは、結局無茶ぶりがスタンダードになりかねないなって思います。その仕事やるけど、次回はそういう無茶ぶりはやめてくださいねってちゃんと言える人がいいな…

 

うん。いいかんじにまとめられた気がしますっ

中途組と創業組

仕事を進めていくにつれ、創業時から間もない社員と中途でこの数年で入ってきた社員とで、それぞれが仕事のやりにくさを感じはじめているようです。

元々の仕事の仕方があるから、まずは同じ仕事の仕方をしてはみたものの、やっぱりその仕事の仕方には無理がありました。例えば、全部の仕事は個人の判断で動いている体制なのに、いざ個人で判断するとすごい勢いで怒られたり。中途組と創業組とじゃ判断基準が違うのも無理はないし、じゃあ決め事をちゃんと作るべきでは?と何度か言ってみたけど、リーダーは空返事だけ。決めごと作りに時間が設定できるほどみんな余裕のないスケジュール感です。

うちの会社は日報制で個人が結構ストレートに思いを綴る場でもあります。自分に関係のある部署の日報は毎日読んでいますが、中途組との仕事はやりにくいと書いている人もいます。今までの仕事に邪魔(変な判断くだされたり、仕事の仕方に物申されたり。)が入るわけだから、当たり前でしょう。このまま慣れ合いっこで仕事に取り組むのか、これから中途の社員が入っても成り立つような仕事の仕方にしていくのか、現場次第なかんじです。

会社を大きくしていきたい経営層と、中途組を受け入れきれない創業組の社員。これからどう歪みが大きくなっていくのか、歪みを抑える役目をするのは誰なのか、自分もがんがん参戦していきます。

広告を非表示にする

精神論ではどーにもならない世界

いろいろ考えさせられたことがあったので書き留めます。

 

うちの会社って、一応アパレル関係なので在庫を抱えていて倉庫も持ってます。その倉庫の移転があって、今すごーくすごーくバタバタしています。倉庫勤務でないわたしのような社員もガンガン服をつめる作業に駆り出されているし、ある週は休日も招集されました。

こういうときにまず経営層からリーダーまでがしたことは、とにかく社員をやる気にさせるということ。「自分ごとのように考えてほしい」「倉庫勤務の人もがんばってるから」というようなことを、言ってきます。

でも正直、中途で入って数ヶ月しか経ってない社員にその言葉が通用するかというと疑問なところで、休出した代わりに代休はあるのかとか手当があるとか、そのあたりの質問に対する解答はとても曖昧でした。なんでこんな状況になっているのかも、根本的な原因に対して経営層から説明もないから余計です。

今回のことに対して不満があるのは中途入社組で、最初からいる社員は上の言葉を聞いて黙々と頑張っているようでした。「今までもそうだったから」という言葉も聞きました。うーん、毎回パワーをかければどうにでもなると思っているのはまずいなと感じます。

 

それに関連して、日雇い的なバイトの人たちもたくさん雇って引越し作業を進めていました。でも、その日限りのバイトの人たちなので、服を畳むクオリティが高いわけじゃありません。作業効率重視だと汚いたたみ方になってしまうから、ゆっくりきれいにたたむような作業フローを作っていました。弾数打てないから、わたしたちが作業に駆り出させる1つの要因なのかもしれません。

そこで一人の社員が日報でキレていて、お金をもらって仕事をしているのにクオリティが低いなんて最悪だといっていました。(実際はもっと汚い言葉でした…)

これこそ、バイトの人にはこっちの移転があーだこーだなんていうのは全く関係のない話で、まったく精神論ではどうにもならない点です。高給でもなんでもないお給料相応のクオリティなのは当たり前の話で、そのお給料に高いクオリティを求めるのはひどく傲慢だなとわたしは思います。

 

今回の件でリーダーは意見を聞こうという姿勢を見せてくれたので、思ったこと全部言いました。こうやって下の意見を自分から聞こうとする姿勢はすごいなって思うところです。前職では考えられないです。今後、ここからどう経営層、リーダーが動いていくのかちゃんと見て行きたいなって思いました。

 

こうやって少しづつ自分に合わないなって思うことも増えてきました。社員のみんなの考え方とわたしの考え方がズレてる感覚も持ち始めました。でも夢見る少女ではないので当たり前なこと。今後も会社を俯瞰して見て行きたいです。

褒められて不安

 平日は仕事に追われています。来月のでっかいリリースのために日々締め切りと格闘している毎日です。

わたしのいまやってる仕事は今までうちの会社になかったようなポジションだから、いっつもデザイナーさんにすげーすげーって褒められます。褒めてくれるのは嬉しいけど、でもこれが他の会社で通用するのかどうかとても微妙なところです。前職ではそんなにやってこなかった技術だから、やっぱり他のサイトと比べたら大したものは書けてないのです。褒められるのは嬉しいけれど、そこでうぬぼれてしまうと自分の限界が定まってしまって、結局将来のためにはならないんじゃないかと、ちと不安になります。

とはいえ、わたしの代わりなんか金でどーにでもなるような前職に比べたら、やりがいがあってもっともっとアウトプットしていかなきゃと思える現場。褒められて素直に嬉しいとだけ思えないこの感じがあるからこそ成長があるのかもしれません。

広告を非表示にする

2年の長さ

前職で一緒に仕事をしていた人たちとご飯に。

わたしが新人のとき、初配属になったプロジェクトにみなさんもいて、上への反骨精神からエンジニア陣は一致団結していただけに、あれから2年経っても数ヶ月に一回は会うような方々です。

でも、今はみなさん違う会社にいます。たった2年前なのに、あのとき一致団結したエンジニアは誰も前職の会社にはいないという。2年ってあっという間だけど、よく周りを見てみると全然景色は違うんだなとつくづく思いました。

広告を非表示にする

今更だけどゲームショウで景気の良さを感じたって話

http://instagram.com/p/egtUveqPDx/

 

 

一般公開初日にゲームショウへ。

彼と付き合ってから毎年行っているからもう5回目のゲームショウです。もう秋か~と感じさせる行事でもあり、残暑が厳しいことにげんなりするっていう風物詩でもあります。

まず感じたことは、今年、景気がいい!配布物が冊子だけじゃなくて凝った袋もたくさんあったし、サービスの無料券とかばらまき方が派手でした。

特に景気の良さを感じたのは儲かっている会社のブースの凝り方。

ガンホーはパズドラZにでっかいドラゴン。

http://instagram.com/p/egtXbpKPD2/

 

しかも、ブースにいるコンパニオンのねーちゃんの数がすごい。数えてないけど、すごい数いました。こりゃ、子供についていくお父さんは喜ばしいですな。

 

カプコンは、モンハン4だしたばっかりだけどスマホゲームのモンハンのほうが結構大々的にやってる感じがしました。こっちもドラゴン。

http://instagram.com/p/egthx5KPEB/

 

 

今年の目玉はPS4。ブースの混み方が尋常じゃない。

http://instagram.com/p/egtcrYKPD8/

人波をかきわけ展示されている本体の前へ。

http://instagram.com/p/egwHt_KPG0/

 

子供のようにきゃっきゃ喜んでしましました。ハードの新しいのは何歳になっても心ときめきます。

 

景気の良さなんて、日常生活でまったく感じてはいなかったけど、こういうところでは感じるもんですね。来年はどうなっているのか楽しみです。

同期がいないということ

すっかり、毎日仕事に追われる日々になってきました。制作と開発を行ったり来たりしていて、もう働き過ぎのレッテルを貼られています。とはいえ、毎日充実していて、ストレスは前よりも全然感じていないようです。

近頃実感していることは、同期がいないとやりやすいということ。わたしは社会人3年目なのだけど、新卒3年目の方々とは一線引かれているかんじがとてもいい。もうみんなまとまってるし、わたしが入る幕がないところがとてもいいです。合わせなくていいかんじ、競わなくていいかんじ、比べられないかんじ。

昔からいる人達はみんな仲がいいし、悪い言い方をすれば身内ノリが激しい会社です。でも、中途採用が活発になってきて、ここから会社の雰囲気がどう変わっていくか、ちょっと楽しみだったりします。わたしは、身内ノリに参加する気がまったくないし、一歩俯瞰していたいと思っています。そういう人たちが増えた時、この小さな会社にどれだけ大きな波となるか。ちょっとした楽しみです。